Women-Fashion

可愛いランジェリーを身に付けよう|機能性も充実

マタニティウェアの良さ

どうせ買うなら

妊婦

私自身が、赤ちゃんを妊娠した時のことです。「これからどんどんお金がかかるのだから」と、出費を抑えることばかりを意識して、マタニティウェアも、仕事で着るのに必要な分のみ購入し、あとは手持ちの服と組み合わせてなんとかするつもりでいました。しかし、現実はそううまくはいかず、結局、仕事用のマタニティウェアも追加で購入しました。また、仕事以外の場面で着るマタニティウェアも購入しましたし、部屋着と入院着を兼ねてマタニティ用のパジャマも数枚購入しました。そして買ってみて思ったことが、マタニティウェアを着ることで、とても「楽」で「快適」であるということです。マタニティウェアは、お腹はもちろん胸や腰回りなど、妊娠中にサイズが大きくなりやすい場所をしっかりゆとりを持って設計されているので、着ていて圧迫感もなくとても着心地の良いものが多かったです。そして、普通の洋服であれば、大きくなった体に引っ張られてよれたり変にシワが入ってしまったりしていたのが、マタニティウェアにはなく、着ている間に裾やお腹周りの服のラインを気にする心配もありませんでした。また複数枚あれば、やはり洗濯にも余裕が生まれます。特に妊娠中は、暑がりになり汗をかくことも今までより増えたように感じたりしました。家事も体が重くなり億劫に感じることもあったため、洗濯に対してストレスを持たずに済んだことも大きかったと感じています。どうせ買うのであれば、こんなに快適ならもっと早くに買っていれば良かったなというのが、正直な感想です。また、授乳口があるタイプのものも多く出ていて、産後もすぐには体型が戻らないので、しばらくマタニティウェアを着たりもしていました。

産後も使えます

夫婦

妊娠してお腹が大きくなってくると、普段着ている洋服では苦しくなってきます。そんな時には、マタニティウェアに買い替えることをお勧めします。マタニティウェアには、お腹が目立たないトップスからジーンズ、パジャマまで様々な種類の洋服が販売されています。ジーンズはお腹周りに負担がかからないよう、かなり伸びる素材を使っていますし、妊娠期の中でも、お腹の大きさに合わせて調整できる。アジャスター付きのものもあります。赤ちゃんがいる下腹部を締め付けないことは、母体だけでなく赤ちゃんにとっても重要なことです。特に冬はお腹周りが冷えないように、衣類で温めておく必要があるので、丈や素材に考慮したマタニティウェアは、冷え防止としても最適です。マタニティウェアは、色々なデザインがあり、カジュアルなものだけでなく、オフィスで着ることのできるデザインからフォーマルな結婚式などで着ることのできるものまであります。妊娠期だからといっておしゃれを我慢することなく、流行りのデザインも取り入れることができるのです。マタニティウェアは、妊娠中から産後まで使えるように考えられた商品が多いです。産後の授乳に便利な授乳口がついたものや、紐でお腹周りの調整ができるものは、産後すぐ、いつもの洋服に戻るまでの間、快適に着用できます。体のことを考えた専用のマタニティウェアで、赤ちゃんとお母さんが妊娠期を快適にすごしつつ、おしゃれを楽しみましょう。

お腹を締め付けないものを選ぼう

お腹

妊婦になると、初めのころはお腹も目立っていませんが、徐々にお腹のふくらみが目立ってくると、マタニティウェアを準備しましょう。普段着用している服装が、ゆったりしているものであれば代用できますが、妊娠後期になってくると締め付け感が出てくることがあります。基本は、お腹の締め付けがなく、お腹を冷やさない服装です。締め付けることで、つわりなどがひどくなったり、お腹に負担がかかるので注意しましょう。マタニティウェアは、ワンピース、またはチュニックとパンツ、といったスタイルが多いです。ワンピースの場合、お腹の大きさに合わせて、ウエスト周りのリボンなどでボリュームを調整できるものがあります。チュニックの場合は、お腹が大きくなることを想定して、丈が長めになっているものがおすすめです。パンツは、ウエスト周りが伸びるタイプ、またウエスト部分がゴムでサイズを調整できるものであると、後期、また産後まで長く着用することができます。妊娠期間は10ヵ月あるので、季節問わず対応できるマタニティウェアを選ぶと便利で経済的です。最近は、マタニティウェアも進化してきており、デザインも豊富で、産後も授乳しやすいようなタイプや着心地、着脱のしやすさを重視したタイプのものなど、機能性を備えた商品が増えています。着回しするためにまずは定番のものを準備するのがおすすめですが、自分の持っている服も合わせて活用しながら、快適なマタニティライフを送れるように選びましょう。